☆ E代車のすべて ☆

 都営バスでは毎年古参車代替に伴う新車投入を行っているわけですが、平成10年度は9月頃に巣鴨営業所へいすゞ製の特定車が投入されたものの、12月に入っても一向に新車投入の話を聞く事がありませんでした。平成9年度では結果として年明けの平成10年1〜3月に投入されていたこともあり、平成10年も同じなのかと思っていたら、12月下旬に入り次々とE代車投入に関する情報が入ってきました。このページではE代車(平成10年度納入車)について伝えていきます。

◎ E代車一覧(局番順) ◎

局 番 所属 メーカー・型式 仕様 投入時期
R−E350〜352 臨海 いすゞ:NE−LV288L CNG 平成10年12月
S−E353〜357 深川 いすゞ:NE−LV288L CNG 平成10年12月
S−E358〜364 深川 いすゞ:NE−LV288L CNG 平成11年1月
M−E365・366 目黒 日野:KC−RU1JLCH HIMR 平成10年12月
V−E367・368 葛西 日野:KC−RU1JLCH HIMR 平成10年12月
S−E369・370 深川 三菱:KC−MP717K改 CNG 平成11年1月
N−E371〜375 UD:NE−UA4EOHAN CNG 平成10年12月
N−E376〜379 UD:NE−UA4EOHAN CNG 平成11年1月
S−E400 深川 いすゞ:KC−LV832L改 CNGノンステップ 平成11年2月
N−E401 UD:KC−UA460KAM改 CNGノンステップ 平成11年2月
A−E402・403 品川 日野:KC−HU2PMCE ノンステップ 平成11年3月
M−E404・405 目黒 日野:KC−HU2PMCE ノンステップ 平成11年3月
L−E406・407 江東 UD:KC−UA460KAM ノンステップ 平成11年3月
C−E408・409 新宿 いすゞ:KC−LV832L ノンステップ 平成11年3月
E−E410・411 小滝橋 いすゞ:KC−LV832L ノンステップ 平成11年3月
R−E412〜414 臨海 いすゞ:KC−LV832L ノンステップ 平成11年3月
S−E415・416 深川 いすゞ:KC−LV832L ノンステップ 平成11年3月
H−E417〜419 千住 三菱:KC−MP747K ノンステップ 平成11年3月
K−E420・421 南千住 三菱:KC−MP747K ノンステップ 平成11年3月
L−E422〜427 江東 UD:KC−UA460HAN 都市新バス・らくらくステップ 平成11年5月
L−E428・429 江東 UD:KC−UA460HAN 都市新バス・らくらくステップ 平成11年6月
D−E430〜439 杉並 日野:KC−HU2MLCA 都市新バス・らくらくステップ 平成11年3月
H−E440 千住 三菱:KC−MP747K ノンステップ 平成11年3月
A−E800〜802 品川 日野:KC−RJ1JJCK 中型・らくらくステップ 平成11年2月
A−E803〜808 品川 日野:KC−RJ1JJCK 中型・らくらくステップ 平成11年3月
E−E873〜875 小滝橋 いすゞ:KC−LR333J 中型・らくらくステップ 平成11年3月
E(V)−E876 小滝橋(葛西) いすゞ:KC−LR333J 中型・らくらくステップ 平成11年3月
V−E877 葛西 日野:KC−RJ1JJCK 中型・らくらくステップ 平成11年3月
M−E878〜880 目黒 日野:KC−RJ1JJCK 中型・らくらくステップ 平成11年2月
M−E881〜887 目黒 日野:KC−RJ1JJCK 中型・らくらくステップ 平成11年3月
K−E888〜890 南千住 三菱:KC−MK219J 中型・らくらくステップ 平成11年3月
Z−E891〜893 青戸 三菱:KC−MK219J 中型・らくらくステップ 平成11年3月

※ アイドリングストップ機能は標準装備(ただし、CNG・HIMRを除く)
※ メーカー・型式欄の「UD」とあるのは「日産ディーゼル」を示します。

★ E代車投入に関して情報を提供していただいた皆様 ★
中舘善昭様・大嶋謙一様・中野宏邦様・森茂樹様・じーやーよ様・エコツムリ様・匿名希望様・下町とーばす様・中村文広様・TKA様・生貝まゆ子様・小水内隆仁様
誠にありがとうございました<(_ _)>

 

* ノンステップバスの紹介はこちら *
いすゞ   日産ディーゼル    日野    三菱 CNGノンステップバス

* ノンステ以外の紹介はこちら *
いすゞ   日産ディーゼル    日野    三菱


◎ 特定車も登場 ◎

pe958.jpg (37678 バイト)
(局番:P−E958(左) いすゞKC−LV380L+いすゞ 巣鴨営業所)

 路線車と同様、特定車にも老朽代替でE代車が登場しています。巣鴨営業所に投入されたいすゞ車は、側面窓はメトロ窓(横引窓)でウインカーが従来と異なる形状になっているのが特徴です。他の営業所にもE代特定車が投入されているのかも知れません。(当ホームページ協力者の森茂樹氏の情報では、目黒営業所にもE代特定車が投入されているそうです。)
 その後、前面についても確認したところ、A代いすゞLV特定車と同様の前面窓が上部(通常なら方向幕がある位置)に拡大しているモデルとなっており、従来あった「東京都」の行灯が廃止となったかわりに「都営バス」という文字が前面のスクールバスのプレート(黄色で三角形)の下に表記されるようになりました。(情報提供:匿名希望様)


◎ E代車投入計画 ◎

 平成11年2月19日に新宿営業所で催されたCNGノンステップバス披露会で配布された資料によると、平成10年度の路線用新車の投入計画はこのようになっています。黄色部分は既に投入が完了した仕様です。

区  分 台数
らくらくステップバス(アイドリングストップ装置付)

48

ノンステップバス(ディーゼル・アイドリングストップ装置付き)

21

CNG(圧縮天然ガス)ノンステップバス

CNG(圧縮天然ガス)バス

26

ディーゼル電気ハイブリッドバス(日野HIMR)

合   計

101

 平成10年度の特徴としては、「ディーゼル畜圧式ハイブリッドバス(三菱MBECS・いすゞCHASSE・日産ディーゼルERIP)が1台も投入しない」「アイドリングストップ後付け改造を実施しない」「DPFは改造・装着済み新車共に登場しない」の3点が挙げられます。低公害車に関して言うと、CNGバスを市販していない日野は従来通りHIMRを投入し、市販している他3社はCNGバス投入に集約された格好になったわけです。これは今後の都交通局の低公害対策の方向性を示しているのかも知れません。なお、T代車の一部に改造が施されたLPG併用バスについては、代替時期ということで平成10年度中に全車除籍となる模様です。

 「バスラマインターナショナル53」(ぽると出版 発行)で、E代車投入についての記事が掲載されていました。そこでは、今回投入に当たって次のようなコストダウンの施策を行ったとあります。
 * ホイールをメーカー標準の銀色のものとした(一部の車では従来と同じクリーム色で投入されている)
 * 低公害車・都市新バス系統の愛称を行灯からステッカーに改めた
 * 集中給油装置の廃止
 * バッテリーターミナルを標準型へ変更


◎ 最新情報 ◎

● 平成11年2月17日 ●

 深川営業所では2月20日から東16系統で営業開始となるCNGノンステップバスに加え、3月中にディーゼルエンジン(軽油)のノンステップバスが2台投入される模様です。この投入により、新たに東15系統(東京駅八重洲口〜明石町・豊洲駅・東雲都橋〜深川車庫)にリフト・ノンステ車が投入されることになります。深川のリフト・ノンステの配分はこのとおりになります。
 * 錦13甲・乙:リフト4台(旧東16用リフト1台転用)
 * 東16:リフト1台・CNGノンステ1台・軽油ノンステ1台(ただし、リフトが残存するかどうかは未確認です。)
 * 東15:軽油ノンステ1台・リフト1台(旧東16用リフト1台転用)
 (情報提供:下町とーばす様及び匿名希望様)
 ※ 2月20日以降、CNGノンステップバス投入で余剰となった東16系統用三菱製リフト車が、錦13(甲・乙)系統へ充当されるようになっています。

 

● 平成11年2月18日 ●

 本日、当ホームページ協力者の森茂樹氏が日野車体工業へ赴いたところ、公道上から見える場所で日野製ノンステップバスを確認しています。既報のとおり中扉は引戸仕様になっており、ガラスは上下2分割で金具支持(一般仕様と同じ支持方法か?)となっています。所属については、側面にT局番の表示がないために依然として不明です。また、逆T字窓で都市新バス仕様と思われるバスが2台確認されました。所属やHIMRからくらくステップなどの仕様は不明です。代替候補から考えると杉並への投入車かと推測されます。

 

● 平成11年2月24日 ●

 出勤途上、埼玉県浦和市内の主要地方道川口上尾線(産業道路)で新車回送中の日産ディーゼル車を確認しました。局番はL−E428(江東営業所所属予定)、側面窓(2枚窓)が通常のものよりも上下方向に拡大していることかららくらくステップ仕様と思われます。

 

● 平成11年2月26日 ●

 品川営業所に日野製中型車が到着しました。確認済みの局番はA−E800〜802で、側面窓は上下2段窓・中扉は4枚折戸となっています。新車投入に伴って、これまで市01系統(新橋駅〜築地中央市場)用として活躍していたS代の日野製中型車のうち3台がナンバーを外されて除籍された模様です。また、A−V075(日野)と思われる貸切車がナンバーを外されていました。これも除籍となるのでしょうか?(情報提供:森茂樹様)

 

● 平成11年3月6日 ●

 杉並営業所に日野製都市新バス仕様車が登場し、運行を開始しました。コストダウンの影響か、前照灯間にあった「グリーンアローズ」の行灯が廃止されてステッカーによる表示となった点が目立ちます。
→詳細は「E代車<日野>」へ

 

● 平成11年3月9日 ●

 南千住営業所へ三菱製中型車が投入されました。局番・詳細については不明ですが、同社製C・D代中型車と同様に側面上下2段窓・中扉4枚折戸仕様となっています。(情報提供:じーやーよ様)

 

● 平成11年3月12日 ●

 品川営業所向けの日野製中型車の投入が完了した模様です。最終的に確認されたのはA−E800〜808の9台で、代替としてA−S800〜808が除籍となったようです。
 南千住営業所・青戸支所向けの三菱製中型車については、K−E888・889(南千住)とZ−E891〜893(青戸)が確認されています。
(情報提供:森茂樹様・エコツムリ様・匿名希望様)>Z−E893については3月21日に現車確認・撮影済み

 

● 平成11年3月20日 ●

 品川営業所へ日野製ノンステップバスが2台投入されました。局番はA−E402・403です。車体形状は型式認定モデルとなり、中扉は引戸に改められています。前面方向幕横には、向かって左(運転席側):エコツムリ・右(ドア側):車椅子のマークが付くという既に投入されたCNGノンステップバスと同じ格好になっています。なお、3月20日の段階では営業に供されていませんでした。(情報提供:森茂樹様)

 

● 平成11年3月22日 ●

 千住営業所所管の北47系統(北千住駅〜竹の塚駅〜足立清掃工場)でノンステップバスが運行されることになりました。営業開始日は3月29日です。

 

● 平成11年3月23日 ●

 深川営業所にいすゞ製ノンステップバス(ディーゼル)が投入されました。局番はS−E415・416で、中扉は引戸になっています。(情報提供:匿名希望様・下町とーばす様)
 また、品川営業所へ投入された日野製ノンステップバスについては、3月29日より品91系統(品川駅東口〜八潮パークタウン〜大井町駅東口)で営業開始することになりました。(情報提供:森茂樹様)

 

● 平成11年3月26日 ●

 杉並営業所に都市新バス仕様車の第二陣が投入された模様です。局番はD−E437・438の2台です。外見上は第一陣(D−E430〜436)と同じようです。(情報提供:中村文広様)
 新宿営業所向けのいすゞ製ノンステップバスが練馬自動車検査登録事務所方向へ回送されるところを目撃されています。局番はC−E409となっています。なお、新宿営業所での運行系統については現在確認中です。(情報提供:匿名希望様)
 北営業所向け日産ディーゼル製CNGバス集中投入に伴って巣鴨営業所へ転籍が生じていますが(N→P−X519〜523:日産ディーゼルU−UA440HSN)、練馬営業所にも同様に転籍が生じています。転籍車はN→F−X524・525(日産ディーゼルU−UA440HSN))の2台です。(情報提供:匿名希望様)

 

● 平成11年3月27日 ●

 本日、杉並営業所所属のD−E438を現車確認しました。第一陣との相違点は、後面窓下にエコツムリマークが貼付された点(第一陣は現時点でも未貼付のまま)と前面窓内にある局番札が無いところです。特に局番札が無くなった点については、たまたま付け忘れなのか、それともさららるコストダウンの現れなのか、非常に気になるところです。(下の画像参照)
 なお、杉並向けのE代都市新バス仕様車はD−E439まで確認されています。(この部分の情報提供:匿名希望様)

de438.jpg (42041 バイト)
(局番:D−E438 日野KC−HU2MLCA+日野車体 江東区東雲付近)

 ところで、3月25日に告示・立候補者届出が行われた東京都知事選挙の投票呼びかけの広告が側面窓に貼付されるようになっています。貼付対象になっているのは側面窓のガラスサイズが大きい逆T字(上部引違い・下部固定)窓の車となっていまして、都市新バス仕様車が中心ですが、リフト・ノンステ・三菱ニューエアロスターなども対象になっています。貼付位置は中扉直後の窓か最後尾の窓のいずれかになっています。以前、都議会議員選挙のときにも同種のステッカーを車体に貼付していましたが、今回は透過性のステッカーを窓に貼る手法となりました。
(手の込んだステッカーではありますが、貼付対象車が限られる点は少々疑問を抱いています。営業所によっては貼付されていない上下2段窓車がほとんど在籍しないところもありますから、投票呼びかけ効果にムラがでるような気がするのですが・・・)
 なお、同種のステッカーは都清掃局所管の清掃車(局直営及び業務委託車)にも貼付されています。

senkyo.jpg (36600 バイト)
葛西営業所所属の都市新バス仕様車に貼付されている都知事選挙投票呼びかけステッカー

 

● 平成11年3月27日 ●

 臨海営業所にいすゞ製ノンステップバス3台の投入を確認しました。ただし、確認した地点が営業所に隣接する歩道橋上(国道357号線を跨いで葛西臨海公園駅へ通じる)ですので、局番は確認できませんでした。なお、西葛20甲系統(西葛西駅〜なぎさニュータウン)だけが使用する中葛西7丁目停留所(注:西葛20乙系統も中葛西7丁目に停まるが、停留所は別地点に設置している)などで、「ノンステップバス運行につき駐停車はご遠慮ください」という趣旨の掲示(黄色の板で車椅子マークあり)が新たに設けられていることから、この系統で運行されると推測されます。
 江東営業所に日産ディーゼル製ノンステップバス2台の投入を確認しました。局番はL−E406・407となっています。外見上は型式認定後の側面窓が上下方向に拡大したタイプとなっていまして、前面方向幕横には左:エコツムリマーク・右:車椅子マークとなっています。なお、運転席側サイドミラーは既に投入済みのN−E401(北営業所所属:CNGノンステ)とは異なり、前面窓真横に設置しています。
→日産ディーゼル車のサイドミラー形状は、江東・練馬は前面窓真横に付くタイプで北が前方に飛び出しているタイプと配属営業所によって異なっています。これについては改めて紹介する予定です。

 

● 平成11年3月30日 ●

 千住営業所へ三菱製ノンステップバスが投入されました。確認された局番はH−E417・419ですが、418が欠番とは思えにくいので少なくとも3台が投入された模様です。(情報提供:エコツムリ様)
 錦糸町駅で南千住営業所所属の三菱製ノンステップバスが目撃されています。局番はK−E421で、既述の千住所属車と同様に中扉引戸仕様に改められていました。(情報提供:匿名希望様)なお、頂いた情報には運行系統が記されていませんでしたが、錦糸町駅で南千住所管系統というと都08系統(日暮里駅〜錦糸町駅)だけが該当しますので、この系統で運行されている推測できます。
 新宿営業所向けのいすゞ製ノンステップバスが運行を開始しています。局番は、既報のC−E409の他に408も確認されています。運行系統は宿74系統(新宿駅西口〜東京女子医大)とのことです。(情報提供:TKA様)
 都営の地下鉄・バスの車内に掲示物で、東大島駅から小松川2丁目地域を結ぶ新路線を知らせるものがありますが、このなかで局番をV−E877と表示する中型バスがイラストで登場しています。現車確認はまだできていませんが、イラストに局番をはっきり表示されていることからこのような付番かと推測されます。(情報提供:匿名希望様)

 

● 平成11年3月30日(その2) ●

 臨海営業所向けのいすゞ製ノンステップバスが西葛20甲系統(西葛西駅〜なぎさニュータウン)で運行を開始しました。確認済み車両はR−E413で、既に3台の投入が確認しているので残る2台の局番はR−E412・414と推測されます。ちなみに、臨海向けの車には下の画像のような「財団法人日本宝くじ協会」から寄贈された旨のステッカーが貼付されています。(情報提供:中舘善昭様)

re412_3y.jpg (31954 バイト)
→詳細は「ノンステップバス<E代車 いすゞ>」へ

 江東営業所向けの日産ディーゼル製ノンステップバス(L−E406・407)は29日より東22系統(東京駅北口〜錦糸町駅)で運行を開始しました。なお、北営業所から江東営業所へX526(日産ディーゼルU−UA440HAN)が転属しているのを確認されました。(情報提供:中野宏邦様)

 

● 平成11年4月1日 ●

 小滝橋営業所向けのいすゞ製ノンステップバスが橋63(新橋駅〜大久保駅)で運行を開始しました。局番はE−E410・411の2台です。(情報提供:TKA様)
 既報の南千住営業所向け三菱製ノンステップバスがさらに1台(局番:K−E420)確認されました。なお、運行系統は都08系統(日暮里駅〜錦糸町駅)で、前面にはグリーンリバー用ヘッドマークと愛称表示(ただし、杉並のE代車と同じくステッカー貼付タイプ)がされています。(情報提供:匿名希望様)
 深川営業所向けいすゞ製ノンステップバス(ディーゼル:S−E415・416)が東15系統(東京駅八重洲口〜深川車庫)と東16系統(東京駅八重洲口〜東京ビッグサイト)で運行を開始しました。(情報提供:生貝まゆ子様・森茂樹様)

 

● 平成11年4月1日(その2) ●

 目黒営業所向けの日野製ノンステップバスが虹01系統(浜松町駅〜東京ビッグサイト)で営業を始めました。局番はM−E404・405の2台です。(情報提供:森茂樹様)

 

● 平成11年4月3日 ●

 3月31日より運行を開始した「アクセスライン」(東大島駅(小松川口)〜小松川2丁目循環:平日朝夕のみ運行で運賃は100円)用として葛西営業所に日野製中型車(局番:V−E877)が投入されました。
 これも葛西営業所関連ですが、目黒営業所からの転属車が確認されました。転属となったのはM→V−V554・555(日野P−HT233BA)の2台です。(情報提供:森茂樹様)
 北営業所では、同所の富士重工7E型車体では初の除籍は生じた模様です。今日、偶然方向幕が取り外されて都営バスなどの表記が消されたバスが仮ナンバーを付けて北営業所を後にしたところを目撃しました。具体的な局番は表示が消されていたので不明ですが、車体の形状からV代車と推測されます。

 

● 平成11年4月10日 ●

 千住営業所向け三菱製ノンステップバスが1台遅れて投入されました。局番はH−E440です。なお、増車されたことにより端44系統(北千住駅〜駒込病院)でもノンステップバスの運行が始められています。(情報提供:エコツムリ様)都交通局側からの資料ではディーゼルのノンステップバスは21台投入とありますので、これですべて出そろったことになります。なお、財団法人日本宝くじ協会からの寄贈車両は、臨海配置車の他に小滝橋配置車も該当しています。
 目黒営業所向けの日野製中型車が増車されていました。局番はM−E881〜887です。(このうちM−E885は未確認ですが、前後で目黒に配置されていますので、この車も目黒に投入されていると推測されます。)(情報提供:中野宏邦様)

 

● 平成11年4月15日 ●

 葛西営業所内に本来配置されることがないいすゞ製中型車が留置されていました。局番はE876であることは確認できましたが、所属営業所は不明です。登録番号(ナンバープレー)の4桁数字が「74−09」だったことから練馬ナンバーが濃厚です。(現在、品川ナンバーは車種区分3桁化で100番台を付番、足立ナンバーは5600番台を付番しており、練馬ナンバーは3月末〜4月に7400番台に突入しています。)練馬ナンバーの地域でいすゞ車を投入し、なおかつ画像で判断できた運賃箱が小田原機器製のものでしたので、これらの条件から新宿・小滝橋のどちらかの投入になりのではと推測しています。また、同じく葛西営業所にナンバープレートを外された日野車(P−HT233BA)を確認しています。局番が確認できたのはV−T350・352・354ですが、他にも同じ状態の車を目撃しています。投入年次からするとこのまま除籍となる公算が強いと考えられます。(情報提供:森茂樹様)
 E代車関連ではありませんが、練馬自動車営業所が北自動車営業所練馬支所へと組織改編が行われました。これは平成11年4月発行の「都バス路線案内」の営業所一覧で明らかになったものです。元々所属車両数や所管系統などが小規模だったところに、都営地下鉄12号線の延伸に伴う宿62系統(現在の新江62系統)の短縮などの影響もあって、今回の組織改編が実施となったと推測されます。北の支所となったのは、同じ日産ディーゼル車を配置して、なおかつ比較的近い位置関係にあることからでしょう。(杉並・青梅と南千住・青戸はいずれも同メーカーを配置している。)

 

● 平成11年4月22日 ●

 4月15日付けの情報であった葛西営業所に留置していた練馬ナンバーのいすゞ製中型車(E876)ですが、暫定的に葛西営業所へ投入されて「アクセスライン」(東大島駅〜小松川2丁目循環)用の予備車的な運用に供されています。側面の局番表示については紙のようなもので「V」「(葛西)」と表示されており、その下には「E」「(小滝橋)」と記しているのを確認できました。(運転席側の表示部分には「100円バス」の張り紙がされています。)すぐにでも転属できる状況ですので、葛西での活躍は短期間になると推測されます。(情報提供:森茂樹様)
 E876の転属先と目される小滝橋では僚車となるいすゞ製中型車が投入されています。確認できた局番はE−E873・874で、未確認のE875も同型車と思われます。なお、都営バスでは営業所・車種によって運転席側サイドミラーの位置が異なりますが、通常いすゞ製車体は前面窓横に設置してあるタイプであるところ(E−E873・874もこの形状)、葛西へ暫定投入されたV−E876は前方に飛び出した形状となっています。前方飛び出しタイプのサイドミラーは葛西を初めとする日野指定営業所所属車で全般的に見られるもので、V−E876もいすゞ車で暫定配置ながらこの形状とされたようです。(情報提供:TKA様・森茂樹様・滝沢様)
→詳細は「E代車<いすゞ>」のページへ

 

● 平成11年4月29日 ●

 今日、小滝橋営業所内にE−E875(いすゞKC−LR333J)がいるのを確認しました。これでいすゞ製中型車は3台は小滝橋・1台は葛西に投入されたことになります。また、同じく小滝橋営業所内にナンバープレートが外されて「都営バス」の表記が消されたT代いすゞ製中型車が置かれていました。(局番は確認出来ず)E代車投入に伴って除籍となったと思われますが、他のT代中型車が現役でいることや、車によっては車検を来年3月まで有効のものとしていることから、全車代替とまでは行かないようです。

 

● 平成11年5月13日 ●

 本日、埼玉県川口市内の産業道路(主要地方道川口上尾線)で江東営業所向けの都市新バス仕様車が新車回送されているところを目撃しました。局番はL−E423で車種は日産ディーゼルKC−UA460HAN+富士重工です。側面窓は従来の都市新バス仕様車と同じ逆T字窓(上部横引き・下部固定)ですが、窓の支柱が車体外部へ出っ張る形状となっています。(従来型では密着ガラス採用で支柱が出ていなかった)杉並営業所向けの日野製都市新バス仕様車と同様に、前面窓下の愛称名の行灯が廃止されていました。かわりの愛称ステッカーはこの時点では貼られていませんでした。
 これを受けて、当ホームページ協力者の森茂樹氏が江東営業所・都04系統運行車両の状況を確認に回りましたが、E代車の確認はとれませんでした。ただし、江東営業所内にはナンバープレートを外されたS代都市新バス仕様車が留置されており、都04系統ではほとんど一般仕様車で運行されていたとのことです。「バスラマ53」では同型車が8台投入される予定となっており、都04系統の運行車両状況から推測すると近日中に置き換えられると考えられます。
 なお、今年2月に一般仕様(側面が上下2段窓)のL−E428の新車回送を目撃していますが、その後この車が営業に入ったことが確認出来ていません。推測の域ですが、2月に都市新バス仕様で納入する予定だったのが何かの間違いで一般仕様で納車されてしまい、発注内容と異なることから再度製造させたことで5月まで遅れてしまったのでしょう。(一般仕様のL−E428はメーカーへ返品したのでは?)既に平成11年度に入りましたが、発注時点は平成10年度ということで投入年次区分は「E」とされているわけです。(平成10年度予算の執行は3月31日までになりますが、5月31日までは出納整理期間ということで平成10年度予算から支出することができます。勿論、納車は3月31日までに行われたことにするわけですが・・・ もっとも、これは行政の一般会計上の取り扱いで、公営企業会計である都交通局はこの取り扱いをしていたかどうかは定かではありません。)

 

● 平成11年5月17日 ●

 投入が遅れていた、江東営業所向け日産ディーゼル製都市新バス仕様車が都04系統で営業を開始しました。確認できたのはL−E422・423で、E423の登録番号は「足立200か6」でした。(情報提供:生貝まゆ子様)
 昨年5月から一部の陸運支局・自動車検査登録事務所で車種区分の3桁化(希望ナンバー取得制度)が開始されていて都内では東京陸運支局(品川ナンバー)で実施していますが、今年5月からは他のナンバーでも実施されることになり、今回投入された車には早速「200」ナンバーが付きました。練馬・八王子ナンバーでも実施されていますが、既にE代車の投入が完了していますので、実際に都営バスで付番されるのは転籍が行われない限りしばらく後になりそうです。
(5月20日にL−E424を確認しています。)

 

● 平成11年5月28・29日 ●

le426.jpg (40524 バイト)
(局番:L−E426 日産ディーゼルKC−UA460HAN+富士重工 中央区築地付近)

 江東営業所向け日産ディーゼル製都市新バス仕様車が追加投入されました。確認されたのはL−E425(足立200か15)・426(足立200か16)・427(足立200か17)の3台です。(情報提供:生貝まゆ子様・森茂樹様・中村文広様)

 

● 平成11年6月4日 ●

 3月31日より運行を開始したアクセスライン(東大島駅小松川口〜小松川2丁目循環)では、葛西営業所所属のV−E877(日野製中型車)と当初小滝橋へ配置後すぐに練馬ナンバーのまま転属となったV−E876(いすゞ製中型車)が充当されていましたが、6月に入って小滝橋所属だったV−T850(いすゞP−LR312J:中型車)が登場し、V−E876の姿が消えました。T850には新たに「足立200」ナンバーが付けられ、自動車登録上においても正式に葛西所属となったようです。運転席側のサイドミラーは従前の前面横タイプのままで、方向幕は白幕となっています。姿を消したE876は、おそらくT850と交換で小滝橋へ転属となったと推測されます。(情報提供:小水内隆仁様)

● 平成11年6月5日 ●

 江東営業所向け日産ディーゼル製都市新バス仕様車がさらに2台追加投入されました。確認されたのはL−E428(足立200か19)・429(足立200か20)です。(情報提供:生貝まゆ子様)
 今回の投入をもって平成10年度予算で購入すべきE代車の投入が完了したことになります。通例であれば年度予算で執行するところですので、6月に前年度予算の新車が投入されること自体異例の出来事で、何らかの措置が執られたのではないかと推測されます。ただ、遅延して投入された分については、いずれも交通局単独費で購入されいるようなのばかりですから内部で処理できたのかもしれません。これが国費負担もしくは都他局補助(超低床車絡みで福祉局、低公害車絡み環境保全局)での投入分だと少々ややこしいことになったことでしょうね。

 

● 平成11年6月21日 ●

vt850m2.jpg (38877 バイト)
(局番:V−T850 いすゞP−LR312J+IKC 江戸川区東大島駅前 撮影:森茂樹氏)

 6月以降アクセスラインから姿を消していたV−E876(いすゞKC−LR333J)ですが、元々の配属先だった小滝橋営業所へ戻って高71系統で営業を始めていました。運転席側のサイドミラーは小滝橋で標準の前面横タイプに改造されています。(情報提供:TKA様)
 また、小滝橋から葛西へ転属したE→V−T850(いすゞP−LR312J)の登録番号は「足立200か18」が付番されています。丁度江東営業所へ投入された都市新バス仕様E代車の2回目と3回目の投入分の間に変番したようです。(情報提供:小水内隆仁様)

 

※ 内容に相違がございましたらメールでお知らせください。


★ トップページへ戻る ★