コミックマーケット66の臨時バス
その1(8月13日編)

 平成16年8月13〜15日に同人誌即売会「コミックマーケット66」が東京ビッグサイトで催され、従来通り東京駅・豊洲駅との間で臨時バスが運行されました。まずは初日(8月13日)の午前中1時間程度の様子をお伝えします。

 

 りんかい線と埼京線の相互直通運転がすっかり定着し、また会場付近の道路の付け替えでバス発着場を西展示場バスターミナルに統一されるなど、臨時バスの運行規模も縮小されているようです。特に初日は旧盆中とはいえ平日であるわけですが、それでも以前と比べて台数が減ったと感じられました。

 


(局番:P−K483 いすゞKL−LV280L1+いすゞ)

(局番:S−H143 いすゞKL−LV834L1+いすゞ)

(局番:T−L720 三菱KL−MP37JK+三菱)

(局番:N−L117 三菱KL−MP37JK改(CNG)+三菱)

 かつてはノンステップバスが臨時バスに充当されることも少なく、たまに入っているのを見かけるとそれはそれは珍しいと喜んで撮影したものですが、さすがに全在籍車の約4割近くを占めるようになると、当たり前のように各営業所から配車されるようになりました。
 本項とは直接関係ありませんが、上の三菱車の画像で見慣れないステッカーが貼られていますね。(T−L720は入口表示の上、N−L117は前扉とフェンダーの間)


(S−E369に貼ってあったステッカー)

  「点検 実施済」と三菱ふそうのマークが入った青・緑のステッカーだったんですね、これ。調べてみると、三菱ふそうトラック・バスが、一連のリコール隠しの末に今年7月から実施した緊急点検を行った車に対して貼られているようです。ちゃんと点検したから安心ですよ・・・という意味もあるのでしょうけど、後から続々と出てくるリコールの数々を見てるととても安心とは言えないような・・・。ステッカーの数がさらに増えるんじゃないでしょうか?

 


(局番:B−Y783 日野U−HU2MLA改(HIMR)+日野車体)

 渋谷からは元目黒の都市新バス仕様車B−Y780・783が配車されました。もはや最古参車とはいえ、あえてグレードの高い都市新バス仕様を充ててくるあたりは渋谷らしいところですね。


(局番:A−C188 日野KC−HU2MLCA+日野車体)

(局番:L−B731 日産ディーゼルKC−UA460HSN+富士重工)

(局番:H−A483 三菱U−MP618K改(MBECS)+三菱)

(局番:E−C183 いすゞKC−LV280L+いすゞ)


(局番:G−B672 いすゞKC−LV280L+いすゞ)

 品川・江東・千住・小滝橋・大塚の配車の一例です。ほかには、江戸川(旧葛西)も見られました。


コミックマーケット66の臨時バス その2 に行く

コミックマーケット66の臨時バス その3 に行く

 

ニュースのやま森へ戻る

トップページへ戻る